• ノリタケカンパニーリミテド
  • お問い合わせ
  • 検索
  • English

MENU

Company

企業情報

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 会社沿革

会社沿革

1936年(昭和11年) 日本陶器株式会社(現 株式会社 ノリタケカンパニーリミテド)、東洋陶器株式会社(現 TOTO株式会社)、日本碍子株式会社(現 日本ガイシ株式会社)3社の原料部門を統合し、「共立原料株式会社」設立。本社工場を建設(精製カオリン製造)。
1946年(昭和21年) 天草鉱業所開設(天草陶石の採掘)
1947年(昭和22年) 社名を「共立窯業原料株式会社」と改称
1949年(昭和24年) 名古屋証券取引所に株式上場
1961年(昭和36年) 本社工場にてセラミックコンデンサ用合成原料「KYORIX」の製造販売開始。
1969年(昭和44年) 硝子繊維原料「コレマナイト」の輸入、販売開始。
1970年(昭和45年) 菱野工場操業開始(精製シリカ原料製造)(現 瀬戸工場)
1976年(昭和51年) 瀬戸倉庫開設
1986年(昭和61年) KZ工場操業開始(高純度ジルコニア粉末製造)
1988年(昭和63年) 弥富物流センター完成。
1990年(平成2年) 「台湾共立股份有限公司」を設立。窯業原料、工業材料等の販売を開始。
1992年(平成4年) 100%子会社 株式会社 キヨリックス三重を設立。(電子部品用セラミック原料製造)
2000年(平成12年) 社名を「共立マテリアル株式会社」と改称。
2001年(平成13年) 株式会社 ノリタケカンパニーリミテドの連結子会社となる。
2012年(平成24年) 株式交換により株式会社 ノリタケカンパニーリミテドの完全子会社となる。
株式上場廃止。